Page: 1/18   >>
レディースジャケット脇汗シミ抜き
春物のジャケット。

1回着たら、裏地の脇部分に脇汗のシミが出来たとのご相談。


こちらのジャケット。


裏返します。


脇の部分に脇汗のシミが付いてますね。

何回も着て、汗が蓄積している場合は、全体的に「バイオウェットクリーニング」で水洗いしますが、1回の着用、さらに着用後間も無いとゆーことなので、「シミ抜き」でお手入れします。


シミ抜き台にセットし、スチームをかけます。

そして、

シミ抜き薬剤を付けて、ゆる〜くブラッシング。

で、濯いで、乾かしますと、

ほとんど手間が掛からず、簡単に、確実に、脇汗による汗シミが綺麗に取れました。

これからの季節「脇汗のシミ」「汗シミ」が、気がかりですね。

でも、汗シミは、付いてから早ければ、今回の様に「簡単に」取ることが出来ます。
防止策としては「汗取りパッド」を使うのが最も効果的でしょうね。

でも、付いてしまったら、出来るだけ早めにクリーニング店に持っていきましょう。

時間が経って「黄ばみ」になると非常に厄介!手間が掛かるので、シミ抜き料金も、必然的に高くなりますねん。

とにかく、早め早めの「的確な」お手入れが肝要ですね。

では、では。
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
取れないペンキ?
お父さまがおきにいのダウンジャケットを着用し、建築中のマンションの近くを通った際、塗装に使われているペンキが付いたとの事。

現場の方は「このペンキは取れない」と言ってはったそーです。

で、娘さんが持ってこられました。
「無理ですかー?」と心配そーです。
かなりキツいペンキなので、多少生地を傷めますが、取れると思います。と言ってお預かりしました。

このペンキです。


アップ画像。


こちらも。

で、シミ抜きしましたよ。





やはり、少し生地を傷めましたが、ペンキは綺麗に取れました。

ペンキは種類により、ほんとに取れない場合もありますが、薄くすることはかのうです。

工事現場の方に「無理!」と言われても、プロにご相談下さいね!

では、では。
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ベルルッティのシミ抜き
イタリアンブランド ベルルッティのネクタイです。




かなり キツめのシミが付いてます。

ベルルッティの生地は、非常に繊細です。
さらに、、、有名な「カリグラフィ柄」が入っています。

コレにダメージを与えては元も子もないので、シミ抜きは慎重を期さなければなりません。


めっちゃ気を付けてシミ抜きしましたよ。


で、
仕上がりましたー。


シミは無事取れました。

ハイブランドのネクタイは、シミ抜き、クリーニング、共に繊細な作業が求められます。

クリーニングは「技術の確かな」店にご依頼下さいませ。

では、では。
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
他店に出して取れなかったネクタイのシミ
関西の有名なチェーン店のクリーニング店のVIPコースに出したのに、シミが取れなかったとのご相談です。

こちらのネクタイ。





思い入れのあるネクタイなので、とにかく少しでも綺麗になれば嬉しいとのご依頼。

前に出したクリーニング店さんで、色々な処理がされている形跡がかなりありました。

ま、、、色々はされていますが、ちょっと残念な方向でされてた様です。

で、

仕上がりました。



付いてたシミは、ほとんど綺麗になりましたよ。

ネクタイのシミ抜きは、素材が「シルク」なのでなかなか難しいんですよね。
下手すると直ぐに生地を傷めてしむいますからね。

シミ抜きでお困りでしたら、ご遠慮なくご相談下さいね。

では、では。
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セーラー服ポケットのマーカーのシミ
夏物のセーラー服です。

マーカーのシミがポケットに着いてるから取って欲しいとのご依頼です。


2枚です。


こちらはココに。


こちらはココに。
どちらもマーカーのシミが濃いめに着いていました。

で、

シミ抜きしますよ。油性の薬剤付けて、


綿棒でトントン。


超音波ガンで取るんですよ。

で、

綺麗に取れました。




どちらも綺麗になりました。

マーカーや、ボールペンのシミは、キチンと手当てすればご家庭でも取れます。
しかし、方法を間違えると難儀なシミになってしまいます。

無理せずプロに任せるのが無難やろね。
今日も、綺麗好きで、洗濯大好きの、こだわり店長がお送りしました! では、また明日!
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ワイシャツポケットのインクしみ
良くあるご相談です。

ワイシャツのポケットにボールペンのインクが付いてしまったとのご相談。

ご家庭で染み抜きしてみたんだけどね、、、。との事。
見た感じ、ゲルインクかな?と思いました。インクの染み抜きは、簡単そーだけど、ゲルインクはめっちゃ難しいんですよね。

コレね。
少し薄くはなったそうですが、コレでは恥ずかしいとの事。
ま、目立ちますわね(>_<)

で、当店で染み抜きしましたよ。

ほとんど目立たなくなりました。

ワイシャツのポケットにボールペンを入れるのは当たり前。
なので、こーいった事も起こるでしょう。

ボールペンのインクには何種類か有って、取れやすいのもあれば、取れにくいのもあります。

簡単に考えずに「何もしないで」クリーニング店に相談するのが最善策だと思いますよ。

今日も、綺麗好きで、洗濯大好きの、こだわり店長がお送りしました!
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イカスミのシミ
イカのスミが付いたけど取れますかね?とのご相談です。


ジャケットのラペルに付いてます。
イカスミは、パスタにすると美味しいんやけど、シミになるとなかなか厄介です。
では、染み抜きします。

染み抜き台にセット。


油性のガンで、油分を除去。

それから、

シミ抜き薬剤を塗布。


綿棒で撫でると、


付きますね。

コレはいけるかも。。。


ヘラで馴染ませて、


水溶性のガンで叩き出します。

するとー、

こんな感じに綺麗になります。

イカスミの染みは、家庭でシミ抜きするのは難しいので、クリーニング店に依頼して下さいね。

では、では。
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
取れない?ボンドのシミ
パンツの裾上げにボンド?を使ったら、そのシミが出てきたのでクリーニングに出したそーです。

しかし、取れなかった、、、何とかなりませんか?とのご相談。

見てみましょう。


こちらのパンツです。


前に出しはったクリーニング屋のタグが付いてます。「ボンド」と書いてますな。


裾に付いてます。
上下に付いてるので、裾上げに使ったのが分かりますね。

ボンドみたいな接着剤を使われたそーなんですが、いずれにしても、他店でクリーニングされたとゆー事は、乾燥機使ったりアイロン当てたりとかで、まちがい無く「熱」はかかってます。

「熱」がかかるとシミは取れにくくなる場合がほとんど!
なので、クリーニング前に前処理でおおよその手当てをし、アイロン仕上げ前に完璧に取っておかなければなりません。

今回も、非常に取れにくくて苦労しましたが、


綺麗に落としました。

接着剤等の特殊なシミは、そもそも簡単に取れませんので、シミ抜きをご依頼される場合は、技術の確かなクリーニング店をチョイスしましょう。

では、では。
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ガムがベットリ!
9月に入りましたね。
夏休みも終わり、朝夕が涼しくなってきました。
季節は着実に進んでおりますなぁ〜。
今月もよろしくお願いします!

では、シミ抜き事例から行ってみよー!

知らないうちにパンツのお尻にガムがベットリ付いてしまったそう。

他のクリーニング店に出しても取れなかったんやて。


こちらのパンツね。


お尻にガムが付いてますねー。

このままでは履けないね(^_^;)

ガムのシミ抜きはネット上では「氷で冷やして固めて取る」とか言われてます。

しかし、繊維の中まで入り込んでたりすると簡単には取れませんわ。


でも〜、

プロがシミ抜きしますとー、




簡単に落とせるんですよ。

ガムのシミ抜きは基本中の基本。

で、


もちろん綺麗に落としましたよ。

ガムが付いたら「シミ抜き技術の確かな」クリーニング店にご相談くださいね。

では、では。
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
テンセルにご注意。
テンセルっていう生地をご存知ですか?
一昔前大ブレイクしたんですけどね。

今でも、ブラウス、パンツ、ジャケット等、色んなアイテムに使われてます。

肌触りが良くて、吸湿性にも優れているんですが、ウイークポイントが有るんですよね。

そ、れ、は、「摩擦に弱い」事です。
テンセルは摩擦、それも湿った状態での摩擦をしちゃうと生地表面がその影響で簡単に毛羽立ってしまい白っぽくなってしまいます。


こちらのパンツも。

油のシミがついたので水で湿らせて擦ったそーなんですよね。

白っぽくなってるのが判ると思います。

組成表示は、

テンセルが含まれますねー。


どんな生地にも言える事なんですが、とにかく「水を付けて擦る」のは止めた方が良いですね。

繊維は水を含んでの摩擦には弱いと覚えておいて下さい。


で、染み抜きですが、

シミ抜き台にセットし、


油のシミを落とす、シミ抜き溶剤を噴霧します。コレは生地にダメージを加えずにシミにアタックしてくれるんよね。


綺麗に取れましたよ。


シミが付いたら「何もせずに」プロに任せましょう!


では、では、
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

NINJA ANALYZE

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode