Entry: main  << >>
モンクレール ブルガリ? リスキー過ぎる水洗い
そもそもクリーニングしたことの無いとゆー モンクレール ブルガリ?のクリーニングです。

こちらです。


取り外せないフードの裏側には毛皮が付いてます。
もちろん毛皮も外せません。








黒だから分かりにくいけど、数年間の汚れがかなり、かなり、かなり〜蓄積しています。
記事表面も、汚れの蓄積で、ゴワついています。


スープリームス時代のん。
えーっと、、、何年経つのかな?

モデル名は「ブルガリ」としましたが、今の良く似たモデルです。
これもブルガリって言うのかな?

とにかく 毛皮やファーが外せないモデルのクリーニングは、非常にリスキー!!
クリーニングするに当たってお客様には、万が一の場合の「風合い変化や硬化等」についてキチンと了解して頂きます。

お客様からは「フードの内側の毛皮だから硬くなろうが、風合い変わろうが、全く構わない、それより、綺麗にして欲しい」との事。

了解を得ましたのでクリーニング開始!


先ずはネットに入れて。




ドライクリーニング。

乾燥してから、、、


汚れがキツイので、しっかりと前処理スプレー吹きかけ、、


ネットに入れて、




最新「水洗いマシーン ラグーン 」で水洗いします。

ドライクリーニング&水洗い は、最強の汚れ落ちのクリーニング方法なんです!!
さらに、最新水洗いマシーンラグーンは、使用する洗剤や、仕上げ剤が全て「天然」のもの。 繊維にダメージを与えずに、しっかりと汚れを落としてくれる!
頼りになるマシーンなのです。

で、

洗い上がりました。


水洗いすると、この様に「ぺちゃんこ」になります。

が、これは 当たり前。

しっかりとケアしてのー、、、


仕上がりました!!











ファーも、毛皮も、フンワリと良い感じです。
もちろん本体も、汚れがかなり綺麗になりフワフワで、こちらも良い感じ。

ラグーンでの水洗いのお陰で上手くいったのか?たまたま毛皮の質が水洗いに耐えれたのか?は分かりませんが、上手くいってホッとしてます。

昨夜お客様がお引き取りに来られ、喜んではりましたよ。


モンクレール のクリーニングは、大体上手いこと行くんですが、中には行かない場合もあります。
上手く行くか、行かないか?やってみないと分からない場合もあります。

リスキーなモデルの場合は、お客様にご了解頂かないと扱えません。

よろしくお願いします。

ダウンアイテムのクリーニング、お急ぎにも対応しております。
お早めにお申し付け下さい。

今日も、大阪市 城東区 確かな技術の「クリーニングショップ中村」の綺麗好きな、こだわり店長がお送りしました! では、また明日!
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

NINJA ANALYZE

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode