Entry: main  << >>
シャツの仕上げ。
シャツの仕上げについてです。

クリーニング店では「機械仕上げ」と「手仕上げ」の2種類があります。

機械仕上げは、ロボットと呼ばれる機械で仕上げます。
ネット検索すると色々出てきますので、興味のある方は、そちらでよろしくお願いします。

他方「手仕上げ」は、アイロン1つで行います。

では、当店でのシャツの手仕上げをご紹介します。


こちらのシャツを仕上げます。


先ずはカフスから。
裏側からです。



続いて

今度は表側から。
カフスに「丸み」を持たせるために仕上げ馬を使います。

そして、

袖。

次に

襟。


先ずこちらから中央に向かって。


次にこちらから中央に向かって。


最後に中央を押さえます。

端から端へ当てると、生地に「余裕」があると端に追いやってしまい、変なシワが出来てしまいます。

そして、

こんな感じに仕上げます。

次に
身頃。


全体的には、アイロンを滑らせるんですが、


ボタンの部分は、ボタンに当たらない様に浮かせて仕上げ。

さらに、

アイロンの先を使って、しっかりと当てます。

次に

背中当てて、


反対の身頃を仕上げ。

次に




襟の折り曲げですが、軽く折った後、両端を強めに押さえます。
こうする事で、ネクタイの収まりが良くなります。

次に、
表向けてセットして、背中を整えます。

そして、

首のあたりをアイロンのカーブを、利用して押さえます。


こんな感じ。

次に、

ボタンを閉じて、


胸から、


肩にかけて押さえます。

もちろん身頃全体も整えます。

こんな感じ。

ここから、たたみに入ります。

まず、裏返して、


袖を折ります。


そして袖半分をこの様に、着た時シワになりにくい様に折り込みます。


もう片方も、同様に。

で、

畳む際の芯になるように紙を入れて、


左右、同じ長さで半分に折ります。

で、

収まりの良い長さに裾を折って、


半分に折ります。

で、

表向けて、出来上がり。

シャツの手仕上げでは、シワが出来るだけつかない様に、丁寧に仕上げてますねん。

見えない中側も丁寧に仕上げます。

丁寧に仕上げる事が、プロの仕事の基本やと、思います。

今日も、「任せて安心!確かな技術!自信のシミ抜き!」上手なクリーニングで評判!の、大阪市 城東区 「クリーニングショップ中村」綺麗好きな、こだわり店長がお送りしました! では、また明日!
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

NINJA ANALYZE

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode