Entry: main  << >>
モンクレールのクリーニング。後編。
日差しがキツイ大阪です。

まだ、半袖でも大丈夫やね。

早く涼しくなって欲しいものです。

さて、昨日の続き。

ダウンウェアは、色んな汚れが付いています。
先ず外に出て歩いてるだけで、空気中のチリやホコリの不溶性の汚れや、車の排ガスに含まれる目に見えない油分。

車の、フロントガラスに「油膜」付きますよね。同じ様にアウターも薄い油膜でコーティングされてるんですよね。

コレらの汚れは、ドライクリーニング することにより綺麗に除去出来ます。

女性の皆さん、お化粧落とす時、水で洗うだけで綺麗に落とせますか?落とせませんよね?
やはり「クレンジングオイル」の油で溶かさないと綺麗にお化粧は落とせませんね。


ドライクリーニング は洗顔で言うところの「クレンジングオイル」の役目なんですね。

クレンジングでお化粧落としてから洗顔フォームで顔の汚れを落とすのが当たり前ですね。
同じ様にアウターの汚れも、ドライクリーニング で油性の汚れをキチンと落としてから、水洗いするのが、最も綺麗にする方法なんですよ。

なので、ダウン洗うのにドライクリーニング を抜きにするのは、お顔のお化粧落とすのに、クレンジングを抜きにするのと同じような感じと思って下さい。

で、ドライクリーニング した後のモンクレールに、今度は、洗顔フォーム代わりの前処理スプレーを吹き付けます。

シュッ!シュッ!


全体的に満遍なく染み込ませ、


ネットに入れて、水洗いします。

で、



洗い上がりです。
かなりペチャンコになってますが、ご安心を。
自然乾燥を数日行い、アレコレしますと、

この様にフワフワに仕上がりました。




ファスナー持ち手も綺麗なもんです。

モンクレール等のクリーニングは、手間暇掛けないと良い品質にならないと思います。

ハイブランドダウンのクリーニングでお困りならご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

一点一点私が1人で丁寧にクリーニングする「ワンマンクリーニング」でお手入れささて頂きます!

では、では。
blogramで人気ブログを分析
| 中村安秀 | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

NINJA ANALYZE

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode